多彩なシートアレンジが可能

2014年10月27日 / 未分類

バブル景気に高級車の代名詞であったセダンは構造上コストが掛かり、大型の車の生産となるととくに費用が掛かり、本体価格が高くなりました。
とくに後部座席の乗り心地という点でセダンはとても優れています。

紫たまねぎ
しかし、座った状態での乗り心地を重視いているため、その他の車内の条件はあまり重視されていません。
しかし、ミニバンの場合、自由なシートアレンジが出来るものが多く、セカンドシートがスライドしたり、独立シートとなり別々に可倒するするなど乗る人数などの条件に応じた用途で使用でき、床が低く、ルーフが高いため、中での空間が広く人や荷物が自由自在に乗せられるという利点があります。
釣りやキャンプ、スキーや旅行とアウトドアの際に、多くの荷物を積んでのお出かけの際には最も適しており、3列シートを倒して荷物を多く積み込んだりが自由自在です。
従来では、1ボックスカーは荷物搬送がメインであったため、高級車とは程遠く、しかし、1990年代後半頃からミニバンという概念が登場すると、人を運ぶことも視野に入れショックアブソーバーやサスペンションが取り付けられて足回りが強化され、シートがアレンジできるシステムを用い、デザインも良く作られています。
メーカーとしてはコストが非常に低く生産できるため、販売メリットも高いです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る