ドライビングポジションが高く視点も高いため視界が良好って本当?

2014年10月27日 / 未分類

ミニバンがブームになって良く売れているのは、それだけ魅力があるからです。

 

ミニバンの特徴はセダンに比べて室内が広く、天井も高いので居住スペースを大きく取れるという点です。乗車定員も7人から8人と多く、家族全員でドライブを楽しむことができるのも魅力の1つです。またラゲッジスペースも広く、3列目のシートを倒すことによってフラットにできます。大きな荷物を運ぶことができますし、フラットスペースにして横たわることも可能です。ミニバンに人気があるのはこのようなアレンジしやすい居住スペースの他に、運転がしやすいという特徴があります。セダンに比べてドライビングポジションが見やすく、視点が高くなります。視点が高いと視界を広く取ることができるので、前方の見通しがよくなるのです。ミニバンだ3台ぐらい前の車のストップランプを見ることができるので、ブレーキをかけるタイミングも計りやすくなります。

 

慌ててブレーキを踏むことがないので、それだけ安全運転ができるのです。高速道路での追い越しなどでも、視界が広いので安全確認がしやすく、楽に追い越しをすることができます。

 

このようにミニバンのメリットはたくさんありますが、何といっても家族でゆったりとドライブを楽しめるのが人気の秘密です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る