カテゴリー「未分類」の記事

車高制限の厳しい立体駐車場

2014年10月27日 / 未分類

立体駐車場には、郊外や大型ショッピングセンター等によくある自走式と市街中心部やマンション等にある機械式とがあり、自走式の場合では一部の大規模駐車場を除き一般的にその車高制限は1790mmが平均となっており、車幅等のその他の制限についてはない場合が多くなっています。

 

一方で、機械式の場合には自走式よりも制限が厳しくなっており車高が1550mm未満また車幅についても1850mm未満に設定されてる駐車場が多くなっています。そして、この機械式の立体駐車場については狭いスペースを利用して最大限に駐車できるシステムであることから首都圏や大阪市内また名古屋市内等日本の中心都市で多く設置されており、国土交通省の調べによるとこれらの都市に於いて1550mm以上の車両を駐車できる機械式は全体の約8%程度で、更に1990mm以上となると2%未満と極限られており、加えて大型車両が駐車できる機械式タイプは減少傾向にあるとされています。

 

従って、立体の駐車場でも立地上の事情から都市部に設置された機械式のタイプは特に車高の制限が厳しくなっており、その高さの点ではSUVやトールワゴン等のハイルーフ車両だけではなくミニバン等でも駐車できない場合があります。

走行安定性について

2014年10月27日 / 未分類

ミニバンは広くゆったりとしていて居住性が良く、ほとんどの場合、3列シートで多人数が乗れるのがメリットです。しかし、走行安定性に欠けるというデメリットがあります。

 

 

一般的にミニバンは床が高く車全体の背が高いので、重心が高くなります。すると、遠心力に対する耐性は弱くなります。よって、横からの力が働いた時に踏ん張りが効きにくく、転倒するリスクが高まるのです。特に山間部などのカーブが多い道を走行する時、100キロ前後で走ることを前提にした高速道路、風にあおられやすい状況下では走行が不安定になります。
また、立体駐車場によっては車高制限により入庫できない場合があります。

 

 

こういったデメリットを補い安全性を高めるため、最近では床と車全体の背を低くしたミニバンも登場しています。すると、タイヤがしっかりと路面を捉えるので、走行安定性が高まり、乗り心地も向上します。床が低いので乗り降りしやすいというメリットも生まれます。
こういったミニバンの進化には技術の進歩が欠かせません。床や車体を低くするためには、床に付属する燃料タンクなどの部品をコンパクトにしつつ性能を保つ必要があります。それを実現するには、高度な技術や細かい調整が必要なのです。

ミニバンの欠点について調べてみた

2014年10月27日 / 未分類

ミニバンは最近の自動車市場の中ではとても人気のある車種の一つです。
ここ数年の自動車の車種で売れ筋といえば、真っ先に思いつくのが軽自動車です。
現在では販売されている自動車の半数近くが軽自動車となっており、以前は狭いとか、走りが悪いとかいわれていましたが、最近の軽自動車は居住性もとても高くなり、大人数が乗ってもしっかり走行するなど、その性能は飛躍的に高まっています。
ミニバンはこの軽自動車に注ぐ売り上げを誇っている車種といえます。
ミニバンの特徴としては、まず何と言ってもその車内の広さが挙げられます。
たいていは5人以上が乗車でき、中には8人乗りなんていう物もあります。
8人乗りということは、通常の自動車2台分ということになります。
つまり外出するときに通常なら2台必要なところがミニバンであれば1台で済むという場面が多々あります。
もう一つ、ミニバンは人気の車種であるため、メーカ間の競争が激しく、次々と性能が良くて価格も手頃なものが登場するため、お買い得感がとても高いです。
このようにメリットはたくさんありますが、欠点ももちろん存在します。
車高が高いため、走行性能は決して高いとはいえず、曲がり角は苦手です。

多彩なシートアレンジが可能

2014年10月27日 / 未分類

バブル景気に高級車の代名詞であったセダンは構造上コストが掛かり、大型の車の生産となるととくに費用が掛かり、本体価格が高くなりました。
とくに後部座席の乗り心地という点でセダンはとても優れています。

紫たまねぎ
しかし、座った状態での乗り心地を重視いているため、その他の車内の条件はあまり重視されていません。
しかし、ミニバンの場合、自由なシートアレンジが出来るものが多く、セカンドシートがスライドしたり、独立シートとなり別々に可倒するするなど乗る人数などの条件に応じた用途で使用でき、床が低く、ルーフが高いため、中での空間が広く人や荷物が自由自在に乗せられるという利点があります。
釣りやキャンプ、スキーや旅行とアウトドアの際に、多くの荷物を積んでのお出かけの際には最も適しており、3列シートを倒して荷物を多く積み込んだりが自由自在です。
従来では、1ボックスカーは荷物搬送がメインであったため、高級車とは程遠く、しかし、1990年代後半頃からミニバンという概念が登場すると、人を運ぶことも視野に入れショックアブソーバーやサスペンションが取り付けられて足回りが強化され、シートがアレンジできるシステムを用い、デザインも良く作られています。
メーカーとしてはコストが非常に低く生産できるため、販売メリットも高いです。

ドライビングポジションが高く視点も高いため視界が良好って本当?

2014年10月27日 / 未分類

ミニバンがブームになって良く売れているのは、それだけ魅力があるからです。

 

ミニバンの特徴はセダンに比べて室内が広く、天井も高いので居住スペースを大きく取れるという点です。乗車定員も7人から8人と多く、家族全員でドライブを楽しむことができるのも魅力の1つです。またラゲッジスペースも広く、3列目のシートを倒すことによってフラットにできます。大きな荷物を運ぶことができますし、フラットスペースにして横たわることも可能です。ミニバンに人気があるのはこのようなアレンジしやすい居住スペースの他に、運転がしやすいという特徴があります。セダンに比べてドライビングポジションが見やすく、視点が高くなります。視点が高いと視界を広く取ることができるので、前方の見通しがよくなるのです。ミニバンだ3台ぐらい前の車のストップランプを見ることができるので、ブレーキをかけるタイミングも計りやすくなります。

 

慌ててブレーキを踏むことがないので、それだけ安全運転ができるのです。高速道路での追い越しなどでも、視界が広いので安全確認がしやすく、楽に追い越しをすることができます。

 

このようにミニバンのメリットはたくさんありますが、何といっても家族でゆったりとドライブを楽しめるのが人気の秘密です。

天井が高いため室内空間がゆったりな理由

2014年10月27日 / 未分類

車のスペースは限られており、人が乗車していると特に狭く感じたり、頭が天井と近くなって、背の大きい人ほど圧迫感を感じることがあります。

 
しかし、ミニバンは背が高く、車内空間が広いために、ゆったりとしたスペースでラクに過ごすことができるのがメリットです。
乗り降りをする時にも、かがんだりしなくても乗り降りしやすいので便利です。
小さい子供がいると、ベビーカーを積み込んだり、子供を抱いたまま車に乗り降りしなくてはならず、背が高いと動きやすくて楽です。
ドアも後ろはスライドドアになっている車種が多く、広く開くので、乗り降りがしやすいです。
スライドだと横に開かなくてもいいので、狭い駐車場でも乗り降りがしやすいです。
広々とした室内空間は長距離での移動時も疲れにくく、リラックスして過ごすことができます。

 

 
また、車種によってはシートアレンジをすることができ、車に乗ったままの状態で前後に行き来することができたり、後部座席をフラットにすることによって、楽な姿勢で移動することができます。
車種によっては一番後ろの座席を折りたたむことによって、荷物スペースを大きくすることもでき、大荷物の時にはたくさん積むことができて便利です。

荷室が広く、多くの荷物を積める理由

2014年10月27日 / 未分類

ミニバンとは、自動車の種類で、車体の長さおよび高さが比較的大きい車の種類のものをいいます。

 

日本では1975年に発表されたものが、ミニバンの最初の車と言われています。このミニバンには、いくつかの特徴があります。まずは、車高が高いということがあります。ミニバンでは、天井を高くすることで乗った人の姿勢を立たせ気味とすることで、1人当たりの車内での占有スペースを少なくしています。また、車高の高さにより、前方が見やすく運転しやすいということもあります。そして最も大きな特徴が、車内が広いということがあります。ミニバンは、車体が長く、高さも高いため、車内が広くなっています。一般的には、8人乗りなど、多い家族などで利用するには最適な車になっています。車内が広いため、シートを倒すことにより荷室も広く確保することができ、荷物を多くつむことができます。特に、長さのある荷物を積みたいような場合には、通常の車の場合、車外にはみ出してしまうことがありますが、ミニバンでは車体の長さもあるため、長い物でも車内に収めることができます。

}PgžxQ

 

また車高が高くなっているため、物を積み上げて収納し運ぶことができるため、その分だけ詰める量も増やすことができます。

3列シートを使った居住性

2014年10月27日 / 未分類

日本でミニバンがブームになったのは、大容量ということです。

 

特に小さな子供のいる家庭では、自由に使える広いスペースが魅力的なのです。3列シートというそれまでの乗用車にはなかったシート配列が新鮮でもありました。3世代の家族が乗れるというコンセプトが大家族に受け入れられたのです。またミニバンは人気が高まるにつれて進化し、内装も改良を重ね、使い勝手のよい車へと変貌を遂げていきました。ターゲットは大家族だけでなく、若者にアピールするスタイルのミニバンも登場し始めたのです。ミニバンの登場によってカーライフも変化を遂げたのです。シートを倒せばフラットな居住空間ができあがるため、キャンピングカーのような使い方ができるのです。家族で遠距離ドライブをして、カーキャンプ場で寝泊まりしながら、翌日にはまた次の目的地へ向かってドライブするといった新しい形のドライビングツアーが生まれたのです。最近のミニバンは、ディーラーと打ち合わせして自分の好みにカスタマイズできるようになっています。

 

シートやインテリアやカーオーディオなどにこだわりを持てるようになったのです。今やミニバンの室内は、第2の居住空間としての存在を誇っているのです。

ミニバンの特長について

2014年10月2日 / 未分類

ミニバンは最近では軽自動車と同様に人気のある車種となっています。
今回は損網二番の特長をまとめてみることにします。
ミニバンの最大のメリットといえば、なんといってもその居住空間の広さにあります。
軽自動車でもトール型のワゴンが人気なのを見ても分かるように、昨今の自動車市場では実用性や積載性が高い車が人気であるという傾向があります。
この車種はまさにそんな時代のニーズにはピッタリの車種といえます。
車によっては最大で8人まで乗れるというようなものもあり、通常のセダンタイプならば2台必要なところがこの車種であれば1台ですむというような場合が多々あります。
次のメリットとしては、その実用性の高さからお得感があるという事です。
昨今はこの車種が売れています。売れているということはどのメーカーも自分のところの車を売ろうと努力するという事になり、激しい価格競争が起こっています。このため、セダンを買うのと同じくらいの値段でこの車種が手に入ります。
4人の利の車を買うのと同じ値段で7人乗りや8人の利の車が買えるわけですから、お得感はいうまでも無いです。
も一つ、細かいことですが、車内が広いため、車への乗り降りがとても楽だということも特徴の一つに挙げることができます。

TOPへ戻る