3列シートを使った居住性

2014年10月27日 / 未分類

日本でミニバンがブームになったのは、大容量ということです。

 

特に小さな子供のいる家庭では、自由に使える広いスペースが魅力的なのです。3列シートというそれまでの乗用車にはなかったシート配列が新鮮でもありました。3世代の家族が乗れるというコンセプトが大家族に受け入れられたのです。またミニバンは人気が高まるにつれて進化し、内装も改良を重ね、使い勝手のよい車へと変貌を遂げていきました。ターゲットは大家族だけでなく、若者にアピールするスタイルのミニバンも登場し始めたのです。ミニバンの登場によってカーライフも変化を遂げたのです。シートを倒せばフラットな居住空間ができあがるため、キャンピングカーのような使い方ができるのです。家族で遠距離ドライブをして、カーキャンプ場で寝泊まりしながら、翌日にはまた次の目的地へ向かってドライブするといった新しい形のドライビングツアーが生まれたのです。最近のミニバンは、ディーラーと打ち合わせして自分の好みにカスタマイズできるようになっています。

 

シートやインテリアやカーオーディオなどにこだわりを持てるようになったのです。今やミニバンの室内は、第2の居住空間としての存在を誇っているのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る